吉川市子ども・子育て応援サイトは、吉川市から委託を受け、NPO法人よしかわ子育てネットワークが制作・運営しています。
よしよしねっと

トップページ  ▶︎ 吉川の子育てサポート団体 ▶︎ 少年センター

  • こどもの病気・けが
  • 防災・災害
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
  • MENU
吉川市内の保育施設、サービス、サポート

少年センター

  • 少年センター
  • 住所:吉川市平沼1835
    TEL:048-981-3863 / 048-981-3864(相談専用)
    FAX:048-981-3863
    吉川市HPへ

子どもも、家族も「どうしよう?」を「!」に変えるきっかけに

よしかわファミリーサポートセンター 沼辺公園のそばにある吉川市少年センターでは、子どもからだけでなく家族からの相談(不登校、いじめ、しつけや子育て等)を受け付けています。所長さんや教育相談員さんが対応してくます。子どもの成長とともに悩1み事も変化するので、相談対象者の年齢が20歳未満というのもうれしいですね。また相談は、来所だけでなく、電話相談や訪問も行っています。
「家庭の日」って、知っていますか?積極的に家族が触れ合うように心がける日として埼玉県が毎月第3日曜日を「家庭の日」と定めています。普段は、忙しくてできないけれど、家族みんなで食事をしたり、地域の行事に参加したり、スポーツやゲームしたり。自分たち家族にあった、家族と向き合う日って素敵ですね♪
 

日常生活の中でのちょっとした子どものサインを見落とさないで!

もしお子さんが不登校になった時、非行傾向がある時などに相談する窓口は、身近にたくさんあった方が良いですね。小中学校の先生、小中学校の相談員、スクールカウンセラー、私ども少年センターなど、話しやすい所、この人だったらと思う人に話してみてください。自分に合った相談場所を見つけて、悩みを相談してください。子どもも苦しんでいますが、保護者の方も苦しいと思います。悩んでいる保護者の方も相談したり、関係機関とつながりを持ったりいろいろなサポートを受け、保護者自身がゆとりと自信をもって心穏やかでいることが大切です。そして、日常生活の中で、子どもが見せるちょっとしたサインを見落とさないで欲しいです。心配なことがあったら、なるべく早く相談して対応してください。
少年センターでは、学校に行きたくても行けない子ども達のために適応指導教室を開設し、再び学校へ戻れるよう支援しています。これから出会う人間関係・社会へのより良い対応の仕方や、問題が起きた時に乗り越える力を学び身につけます。子どもたちが悩みを克服し、前に進めるよう、内面的な成長を目指しています。

少年センターでは、市内の青少年が明るく正しく育つよう、次のような活動を行っています。


教育相談
(電話・来所・訪問)
不登校、いじめ、非行、しつけや子育て等についての相談を行っています。
平日相談(月~金) 9:00~17:00 /  休日相談(土・日) 13:00~15:00予約制
適応指導教室
「宇宙(そら)」
自分で計画を立てて進める学習活動や、心の安定を目的とした面談、体力を維持向上するための運動、人と関わることを大切にした体験活動を中心に生活しながら、再び学校へ戻れるよう活動しています。自己を見つめ、その問題に対して自分でどう対処したらいいかを見つける場として、学校と連携をとりながら学校復帰できるよう支援しています。対象は小学生・中学生です。
補導活動
(吉川市補導委員会)
「地域の子どもは、地域で育てる」子どもたちを危険から守るために、市内を巡回パトロールをし、『愛の一声』運動をしています。昼間(月4回)夜間(月4回)祭礼などで街頭補導・指導を行っています。
環境浄化活動
(吉川市青少年育成推進員協議会)
毎月第三日曜日「家庭の日」普及啓発活動や、非行防止キャンペーン、埼玉県推奨図書の普及活動を行っています。
学校関連事業 不審者、変質者等の情報収集や学校に相談員を配置しています。<br />あおぞら相談員:各小学校に週2日 さわやか相談員:各中学校に週5日スクールカウンセラー(各中学校に月2~3回)
吉川市青少年健全育成大会
(青少年育成吉川市民会議)
市内小中高校生による「あいさつの標語・作文・社会体験・私の主張」の発表を行います。地域の大人と子どもが心を開き、人間関係を深め、青少年の非行防止と健全育成を推進することを目的に年に一度開催されています。
関係機関との連携 地域の子どもたちは、地域で守り、地域で育てることを目的に、関係機関と密に連携をとっています。

 

 

 

ページの先頭へ

吉川の街並みイメージ